私の本質 エニアグラムの結果で見る【本当の自分とは】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エニアグラム

あなたは本当の自分の性格を明確にいうことができますか?

『明確に』と言われると意外と言えないものです。
人は苦痛に感じることから目をそらそうとする性質を持っています。
家計簿が続かないのがその良い例で、ずった嫌なものを見続けることに苦痛を感じやめてしまいます。
“わかってはいるけど直視できない、認めることができない”

人間関係や心理の色々な本を読んむと、共通するのが「他者視点」になってしまうのがよくないという点です。
この他者視点を自分視点に帰るためにはまず
本当の自分を知り、認めることが重要になります。

そこで、鈴木秀子さん著書の
「9つの性格 エニアグラムで見つかる本当の自分との最良の人間関係」
という本を参考に紹介したいと思います。
エニアグラムであなたは9つのうち何タイプでしょうか。

エニアグラムとは

人間の本質は必ず9つに分類できます。
その歴史は古く、およそ2000年前アフガニスタン地方で
その体系が築かれたと言われています。
その後紀元8世紀にイスラム教に受け継がれました。

エニアグラムはあなたの人生がより良く、
あなたの能力や個性を最大限に活かすための知恵を提供するためにあります。

エニアグラムを知ることで、あなたが抱える囚われから解放され、もっと自由に生きて行けるようになります。

もちろんエニアグラムの結果により
自分の良い部分と、悪い部分を知り受け入れることが大切で
それにより他人を受け入れることができるようになり、人間関係の劇的な改善ができます。

エニアグラムはビジネスやコーチング、教育など幅広い分野で取り入れられています。

この本ではまず自分のエニアグラムのタイプが
どれなのかを知るところから始まるのですが

まずタイプ1から9まで20個の質問にYesかNoかで答えていきます。

タイプ1つ1つに20の質問があるので
全部で180個の質問に答えていくことになるのですが
さっと読んでYESかNOで答えていけるので
そんなに時間はかからず答えていけます。

タイプごとの質問のYESの数を数えていくのですが
結果YESの数が最も多いタイプがあなたのエニアグラムのタイプになります。

ざっくり説明すると
タイプ1:完全でありたい人
タイプ2:人の助けになりたい人
タイプ3:成功を追い求める人
タイプ4:特別な存在であろうとする人
タイプ5:知識を得て観察する人
タイプ6:安全を求め慎重に行動する人
タイプ7:楽しさを求め計画する人
タイプ8:強さを求め自己を主張する人
タイプ9:調和と平和を願う人
だそうです。

ちなみに私の結果はタイプ7でした。
あとネットでも調べてみて結果タイプ7でした。
楽しいことを追い求め、苦しいことから逃れようとする・・・わかります。笑

「楽天家」ですね。
地に足をつけないとダメと書いてありました・・・結果、反省


この結果から自分の囚われがちなことやしがらみを理解して、
どのようにして良い方向に持っていくのかということが書かれています。

私のタイプ7の囚われは
楽しみを見出す才能と苦しみを避ける「囚われ」だそうです。
先ほども書きましたが、その通りと・・・・思います。


エニアグラムを知ることで自分も知ることができるし、
他者の性格も理解していけるようになります。

私は他者の怒りを受け入れられるようになりました。
その人がなぜ訳のわからないことで怒っているのかということが
だんだん理解できるようになってきたと思います。

前までは訳のわからないぶつけられる怒りに対して
腹を立てていたのですが
相手の怒りを受け入れられるようになりました。

自分のタイプだけではなく他のタイプのことも読んでおくと
「こういう考え、行動をする人がいるんだ」と
様々な場所での人間関係で役に立ちそうです。

把握しがたい人間の性格を本質から解き明かし
明確な人間性を書き出す方法がエニアグラムです。

興味のある方はこちらの鈴木秀子さん著書の「9つの性格 エニアグラムで見つかる本当の自分との最良の人間関係」という本を読んでみてください。


関連記事:【あなたが苦しいのは「囚われ」が原因!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

NAtsukiとは

コメントを残す

*

CAPTCHA