上下関係ってなんですか!?【エニアグラム タイプ7部下・上司との付き合い方】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エニアグラム

こんにちは!
最近は目まぐるしいスピードで1日が」過ぎていく感覚にあるNAtsukiです。
今を生きてる感がすごい!!!
朝8時におきて、気づけば日をまたいでいる感じです。時間ってこんなにも早く過ぎていくんだと感じております。やることがいっぱいあるのですが、なぜか楽しいです。

そしてなんと今回はエニアグラム タイプ7の部下・上司との付き合い方です。
そう、私のタイプは7なのです。さて、どうなるのか・・・・

エニアグラム タイプ7の部下との付き合い方

上下関係を嫌うタイプ7の部下は、権力者の支配を均一化しようとします。

私はタイプ7なのですがついつい飲み会の席で目上の人にタメ口を使ってしまいます。反省・・・。

世間一般的には常識はずれの行為ですが、つい飲み会などのゆるい席では友達感覚になってしまいます。・・・反省。
『天は人の上に人を作らず・・・』と言ったところでしょうか・・・汗

さらにタイプ7の部下は指図されることが大嫌い!
自分の職務の責任しか追いたくありません。
タイプ7の特徴でもありますが、自分の自由が奪われるとすごく反発します。

私もそうですが、「あれやれ、こうしろ」と言われるとイライラしてきます。

しかし、アイディアマンであり好奇心旺盛なタイプ7は、
プロジェクトの初めはクリエイティブな発想やイノベーション、
周囲のやる気を高めることに才能を発揮します。

プロジェクトが楽しいものだと一生懸命働きます
しかし、飽きてきたり単調な仕事が続いていくとやる気が一気になくなっていきます。

タイプ7の部下に苦痛に向き合うことを教えるのは困難です。
自分を否定する人たちを「発想の乏しい人」と見下す傾向があります。

そんなタイプ7の部下には感情的に未熟であることを指摘するよりも、
論理的に解説した方が納得してくれます
タイプ7の人は論理的な解説には比較的素直に納得してくれることが多いです。

タイプ7は飽きるとやる気をなくすので、ルールの変更や新たなテーマを与えていくことがやる気を持続させるためには重要です。

私もタイプ7なのですごくわかるのですが、苦痛に向き合うことは本当に苦手で、わかってはいるのですが一気にペースダウンしてしまいます。
好奇心旺盛な面では新しいこと、新しい人に非常に興味を持ちます。
できるのであれば関わる人を入れ替えてみるのもいいかもしれません。

エニアグラム タイプ7 上司との付き合い方

タイプ7部下の時にも話しましたが、基本的に上にも下にも人を作りたくないタイプなので、全員が同等の参加者という関係を実現しようとします。
それにより監督業務や直接的な支持や執行をやりたくないと思っています。

プランは大まかで具体性に欠けるのですが、よく分からなければ部下はその旨を率直に伝えることがいいです。できるだけ論理的に。

タイプ7の人は否定する人を嫌う傾向があるのですが、論理的な意見には理解があり、また、上司としての意識はあるので部下とともに分かち合い、明るい未来を作っていくための苦痛は受け入れられます。

ただ気をつけて欲しいことは、タイプ7上司は部下の発案には肯定的な返事をすることが多いです。真に受けると振り回されてしまいます。
具体的な吟味をする力を自分自身でもち、地道に努力する自覚を持っていた方がいいです。

究極な楽天主義者ゆえに、グループの士気や意欲が低下することが少ないことは部下からすれば非常に好ましい状態です。
外見や発想、思考でいつまでも若さを保とうとする姿勢はのし下でも学ぶべき点が多いです。

どうでしたでしょうか?
私はタイプ7なのでふむふむと思いながら本を読んでいました。
なんでも素晴らしく楽しさを見つけてしまうという点では、
例えば「外の草むしりして」と言われたら「ラッキーサボれる!」と思うか
「なんか面白いものが見つかるかも」と思って喜んで出ていくと思います。
ただ、つまらなくなると一気にやる気が急降下・・・わかりますその気持ち・・・

エニアグラムを学ぶようになってからは、
自分に「苦しみから逃げない!!」と言い聞かせているので、
だいぶ目の前のことに苦痛を感じてもやり遂げるようにはなってきました。

ちなみに気になったので調べてみたのですが
『楽天』と『楽観』の違いって知っていますか?
楽天は今起こっていることに対してポジティブな見方ができる
楽観は起きていない現象に対して根拠もなくポジティブに考えることだそうです。

しかし結構曖昧なようで、あの有名なアドラー心理学では逆だそうです。
まぁ、どっちでもいいか。
あ、楽天タイプの7の私の特性が・・・汗

エニアグラムに興味がある方に今回私が参考にした本を紹介しておきますのでよかったらご覧ください。

【関連記事】

SNSでもご購読できます。

NAtsukiとは

コメントを残す

*

CAPTCHA