遅刻しても悪びれないのはなぜ? 囚われによる時間感覚の差【エニアグラム】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エニアグラム

こんにちは!
家だと怠けまくってしまうので
カフェでブログや読書をするようになったNAtsukiです。

人の性格は9つのタイプに分かれる!
エニアグラムにはまっています。
ただいま絶賛本を読みあさっています。
興味深いです、エニアグラム!!

エニアグラムはあなたの人生がより良く、
あなたの能力や個性を最大限に活かすための知恵を提供するためにあります。
エニアグラムで囚われを知ることでより良い方向へと持っていき、心理的に自由になった自分になれます。

今回は時間感覚に表れる各タイプの
「囚われ」について説明していこうと思います。

「あの人っていつも遅れてくるけど悪気なさそう」「あの人はいつも時間に追われていて忙しそう」など
エニアグラムにはそれぞれのタイプによって時間の感覚が違ってきます。

各タイプの囚われにより、自分の時間の感じ方と他のタイプの時間の感じ方が大きく変わってきます。

それではタイプごとに時間の囚われを説明していきたいと思います。

エニアグラム タイプごとの時間の「囚われ」

タイプ1:完璧にするための時間が足りない
完璧を求めて努力するタイプ1は常に時間に追われています。
間違いはないかどうか十分にチェックしなければ気が済まないため、多くの時間を必要とします。しかも丁寧にやらないといけないと思っています。
たとえ時間がたくさんあっても十分ということはなく、
絵に描くような真面目っぷりです。

タイプ2:他者のためになる時間は心地よく過ぎていく
他人に尽くしたいと考えているタイプ2は、時間は人間関係を築くためのものであり、他者を助けるために存在します。
自分が人の役に立っている、あるいは他人と仲良くしていると実感できる時間は「良い時間」と思い、自分が必要とされていると感じていると時間が快適に進んでいるように感じます。

タイプ3:成果を上げるために効率よく時間を使う
失敗を嫌うタイプ3にとって時間は目標を達成するための手段であり、
使いこなすべきものであるという感覚にあります。
時間をいかにうまく使いこなすかに執着し、短い時間にたくさんのことを成し遂げると喜びを感じます。

タイプ4:感情と感動の有無で時間を計る
時間にあまり興味がないので、基本的に時間を無視していきています。
感動している時の時間は、どんどん過ぎていくのですが、感動のない時間には極めて単調に過ぎ、意識が時間から消えていきます。
時間から自由な人が多いです。

タイプ5:時間さえも観察しているが、時間の不足に常に悩む
観察者タイプの5の人は時間が経過するのを見つめています。
興味の対象が多いので何かを成し遂げるには時間が足りなさすぎると
時間不足にいつもイライラしています。
時間は自分のためにあると考え、他人に多くの時間を使ったり
飲み会など社交的な活動に時間を取られることに抵抗を感じます。

タイプ6:時間に忠実
決められた時間ないに仕事が終わらず、時間を守れない事態になるとパニックになります。
多くの仕事を同時に命じられると、不安感から仕事が何も手につかなくなり困り果ててしまいます。

タイプ7:楽しい時間はいくらでもあると信じこむ
楽しい時は時間を忘れてしまい、時間はいくらでもあると考えがちです。
次から次へと楽しいことを求めるので、最終的には時間不足に悩んだり
疲労困憊したりすることになりがちです。
苦しみが入ってくると時間が止まってしまい、とたんに逃げ出してしまいます。

タイプ8:時間は自力でコントロール
時間はコントロールするものと感じています。時間に支配されることは弱みを見せることだから、必死に時間と戦います。
短い時間に多くの命令をされるとエネルギーが喪失し、自分の弱さにつけこまれているという屈辱感を感じてしまいます。

タイプ9:単調に経過する時間は心地よい
いつもゆったりと、きちんと規則正しく変化なく動くことが好ましい
と考えています。
変化や変更があると耐え難い混乱を感じます。

どうですか?
自分、または周りにこのような人がいるでしょうか。
常に「時間がない」「忙しい」と言っている人っていますよね。
私の友達にタイプ8の子がいるのですが、
あまり多くのことを一人で背負うので分散した方がいいとアドバイスしてあげました。

その子に会うたびに、忙しいアピールきたーーーー!!!
って思っていますしたが・・・笑
今はそんなに言わなくなりました。

時間をうまくコントロールしていけたらいいですね。

今回参考にさせてもらっている鈴木秀子さん著書の「9つの性格 エニアグラムで見つかる本当の自分との最良の人間関係」という本で
あなたのエニアグラムが何タイプなのかについて調べられますので
興味のある方はTSUTAYAなどで探してみてください。

私はよくTSUTAYAである程度読んでから
もう一度読みたいと思った本だけ買うようにしています。
その場で読めるっていいですよね。いつもお世話になっております。笑

関連記事:【アーティストなのっ!?エニアグラム タイプ4上司・部下との付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

写真画家NAtsukiとは

コメントを残す

*

CAPTCHA