私の言うこと聞けないの?絶対権力、でも実は・・・【エニアグラム タイプ8の部下・上司との付き合い方】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エニアグラム

こんにちは。
最近、童謡のメロディーを聴きながら絵を書いているNAtsukiです。
Facebookページ  pp.nartで動画を公開しているのでよかったらご覧ください。
こちら→【pp.nart】

今回はエニアグラムタイプ8の人との付き合い方について書いていきます。

エニアグラム タイプ8〜部下編〜

タイプ8の部下は定期的に上司を試すような行動をとります。
これは「上司が本当に信用できるのか」「上司の言動は公平なものなのか」と言うことを見ています。どういった行動をとるのかというと、
上司に対して苦言を言ったり逆らったりします。これは確認の手段です。

上司が弱腰であったり、対立を避けるようなことをすれば、タイプ8の部下は軽蔑するようになります。そうなると、タイプ8の特徴でもある主導権を握りたいと言う欲求が表面化します。

他のスタッフに対して、「自分につくのか」「上司につくのか」と言う選択を迫るようになります。最悪の場合、組織が混乱状態になってしまいます。
ちょっと怖いですね・・・汗

タイプ8の部下には小さなグループなりを与え、その中で主導権を握らせて仕事をしてもらうのが良いでしょう。

反対に、上司が意見を曲げなかったり、上司の発言に一貫性があるとタイプ8の部下は尊敬するようになります。信用できる権力者とし、とても協力的になります。

自分に自信があり決断力のあるタイプ8の人は、自分の目標を持続させるための手段として、独り善がりになってしまう傾向があります。

心の成熟の意味を根気よく伝えていくことによって優しさを表に出すようになり、妥協することが敗北ではないと考えるようになります。

そうすることによって、無理に対立しようとせず相手の心理を掘り起こそうとする欲求は消えていきます。
人生に対する情熱があり、豊かな常識を持っているので真実を理解する高度な能力で貢献してくれるでしょう。

タイプ8の悪い面として疲れるまでお酒を飲んだり、どんちゃん騒ぎをしてしまうと言う面があります。適切な目標を指示してあげると、タイプ8の心と身体的健康のケアができます。

エニアグラム タイプ8〜上司編〜

ルールを自分で設定することを好むのですが、その自分で作ったルーツを自身で破ることがあります。しかし、部下が許可なくルールを曲げると激怒します。
絶対的権力を確信したいがゆえの行動なのですが、この両方を楽しむと言う一面を持っています。

私が部下なら発狂しそうな状況です・・・。

タイプ8の上司が苦しい時やゆとりがないときは、部下に容赦ない厳しい命令を出してくることもあります。
聞く耳を持たず、自分の言ったことを押し通します。さらに部下がその命令をできないと激怒します。

部下が反抗するとますます強い力で押し通そうとしてきます。
タイプ8上司に冷静になる時間を与え、客観的に物事を見られる状態を持たせることが重要です。
感情的にならず、冷静に論理的に話をすれば、正義感の強いタイプ8上司は理解してくれます。

力と支配という囚われを持っているタイプ8が良い方向へ進めば
恐れることなく立ち向かい行動する責任感の強いリーダーになります。

どうでしたでしょうか。
ざっくり読んでしまうとちょっと怖いイメージを持ってしまいますが、
上司という面で見ると古き良き日本の上司イメージという印象です。

正義感が強く、行動力も高いのでうまく付き合うことができれば自分にとっては強い味方になってくれそうですね。
部下というところでいうとどうなのかわからないのですが、
上司としてこういうタイプの人と関わったことがある人は結構いるのではないでしょうか。

タイプ8の人は感情には敏感なので、怖そうに見えても心の中には暖かさを持っている人です。
自分がしっかりとした態度をとり、心の温かさに接する工夫をすることでうまくやっていけそうです。

【関連記事】

SNSでもご購読できます。

NAtsukiとは

コメントを残す

*

CAPTCHA