成功こそが全て!【エニアグラム タイプ3上司・部下との付き合い方】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エニアグラム

こんにちは!
寝言も記録してくれる睡眠計測アプリを使って、
自分がどんな寝言を言っているのかワクワクしているのですが
いまだに1度も寝言が記録されていないという悲しさを感じているNAtsukiです。

明日の仕事行きたくないな〜・・・
なんて思っているあなた!!
この世の中の問題は大半のことは人間関係が原因だそうです。
そんなことを考えているあなたのお悩みを少しだけ解消できればと思います。

今回はエニアグラム タイプ3の人との付き合い方について
書いていこうと思います。

タイプ3の同僚と部下との付き合い方

もっとも上司が管理しずらいと言われるタイプ3

意欲と知恵を発揮し続けようとするタイプ3の人は
働き者で優秀なスタッフと言われます。
常に何を優先すべきかをわきまえており、
成果を上げることに邁進しています。
自分が突出できる環境に自分を導こうとします。

競争心が強いのでグループ内での主導権争いに精力を傾けています。
グループに焦点が置かれれば、
グループのモチベーションを鼓舞する隠れたリーダー的存在になります。

交際関係が広く、色々な視点から試行錯誤するのですが
成功を求めるあまり、成功するなら手段を選ばないという思考に陥ります。

目標を追いかけているときは他者への思いやりがかけていきます。

タイプ3の上司は
他者への思いやりも実力のうちであることを示してあげなければなりません。

タイプ3の人は効率よく成果を上げていこうとするので、
絡まった人間関係から抜け出し、もっと良いものに移行しようとします。

優秀でなければ愛される資格がないと考えているため
時に勝者であることが強迫観念に感じることがあります。

失敗しそうな仕事や成果を上げにくい環境を回避する囚われがあるため
腰が落ち着かず、現在の仕事に集中することが少なくなり、
意識が次の仕事に移りやすいです。

上司は今の仕事に全力投球することを命じることが大切です。

上司はタイプ3の仕事の質をチェックし、
独り善がりさや性急さに対して厳然とした態度をとり、
失敗は失敗として認めさせることが大切です。
もちろんやる気を喪失させない配慮が必要です。

タイプ3の上司との付き合い方

組織の規範に順応し、実型的な上司像を持っている人が多いです。
カリスマ的なリーダーシップというイメージを重視しているので
上層部に並々ならぬ存在感を示し、部下への尊敬を集めます。

部下とのやりとりにも必ず自分なりの見解や回答を出そうとし、
期待を抱く部下と成功を分かち合いたいと思っているので
将来の成功への楽観をもたらしてくれます。

プレッシャーで萎縮したり、私生活がうまくいかないことで
仕事が手につかないという当たり前の現象が理解しにくい
タイプ3上司の囚われを強制することは非常に難しいです。

敬意を表明し、こちらに対する注意を喚起する必要があります。
自分の能力と業績に敬意を抱く相手には
比較的寛容なのがタイプ3上司の特徴です。

細かいことを気にせずに、目標への道筋を示すことができるタイプ3上司は
部下にとっても得るものが多いです。

*関連記事*

SNSでもご購読できます。

写真画家NAtsukiとは

コメントを残す

*

CAPTCHA