アーティストなのっ!?【エニアグラム タイプ4の職場人間関係】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エニアグラム

こんにちは!!
ノーズミントを使って集中力を上げようと頑張っているNAtsukiです。
なかなか集中できません・・・
何かいい方法があったら教えて欲しいです。切実に・・・

今回はエニアグラム タイプ4の部下・上司との付き合い方について書いていきます。
参考にしていただければ幸いです。

エニアグラム タイプ4〜部下編〜

タイプ4の人には従うという概念がありません。
自分の能力が認められ、能力によって会社に貢献したいと考えています。
会社と自分との関係は与え合うことを望みます。

とても高いステイタスを持っている相手を認め、
能力的には自分に劣っているが、立場として自分より高い上司などの権力者を無視する傾向があります。

自分よりも能力が高いと認めた相手には従い、
そのような人に自分のユニークな技能を認めてもらいたい、
世話をやかれたいと思っています。

自分が認めた相手に愛されたいという願望を持っています。


上司が尊敬できればその人の為に自分の能力を存分に使うのですが、
その上司に認められないと、仕事から離れ別の世界を求めるようになってしまいます。

 

能力を見られていて、自分よりも劣ると感じると従ってくれない・・・
私が上司なら少しドキドキしてしまいます。笑

上司にとっては管理するのに苦労

タイプ4の部下に対して問題を見つけた時、タイプ4の魅力的な部分を評価するといいでしょう。
もともと自尊心の低いタイプ4の人は、そのことで調子に乗ることは少ないです。
むしろ心を開き上司の忠告に耳を貸してくれるようになります。

タイプ4の部下は実力を図られることを嫌う傾向があるので
競争させることは逆効果です。
「この仕事は君に頼みたい!」といった特別視を見せることが重要で
タイプ4の部下はやる気を出してくれます。

「君のわがままだけを許すわけには行かない!」
という注意は効果がありません。

タイプ4の上司との付き合い方

真の才能や相手の感情、模範や繕いも素早く見抜くタイプ4上司は
部下の悩みへの理解があります。
さらに部下が元気を取り戻してくれるまで辛抱強く支えてくれます。

ビジネスの場に素晴らしい可能性を探し出すことができるタイプ4上司は
外見や職場の雰囲気、幅広いテーマに自分のスタイルを打ち出すことができるので、安っぽい仕事にもユニークさや美しさを見出すことができます。

しかし、喪失感と自尊心の低さゆえ、むなしさと絶望感を頻繁に感じていることがあります。

部下はタイプ4上司にストレートにいうことを避けましょう
ソフトな物言いを心がけ相互理解を深めていきたいという意思を伝えることが重要です。

またシビアな会話は避けるようにした方がいいです。
タイプ4上司は自己嫌悪と羞恥心から部下に裏切られるのではないかと考える傾向があります。

日常的に敬愛の念を表し職場における満足感を伝えていくといいです。
タイプ4上司は、安心感を覚えてもそのことを逆手にとって部下を利用とすることはありません。

タイプ4上司からは独創性、追及の道筋を学ぶことができます

ちなみにタイプ4は褒めることが苦手なのでそこは理解してあげたいところですね!

どうでしたでしょうか。
エニアグラム タイプ4は芸術家タイプと言われています
仕事でもクリエイティブさが発揮されるようですね。
ただ、繊細!!優しく接してあげたいものです。

私が参考にした本を紹介します。
エニアグラムの自分のタイプを調べるワークがついているのと、
それぞれのタイプの特性や人間関係を良好に保つための方法が書かれているのでとても面白いです。
興味のある方はぜひ読んでみてください。

【関連記事】

SNSでもご購読できます。

写真画家NAtsukiとは

コメントを残す

*

CAPTCHA