パワーポイントを簡単に見やすい配色にする【3つのポイント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パワーポイント

色を使ってパワーポイントを簡単に
見やすく、わかりやすくする3つの方法を紹介したいと思います。

パワーポイントを作る時に見やすい
配色ってどんな色を使えばいいのでしょうか?

パワーポイントの見やすい配色にするポイント

①目に優しい色を使う
②使う色を2つに絞る
③イメージに合った色を使う

この3つを抑えると簡単にパワーポイントを見やすくすることができます。

目に優しい色とは何か

目が疲れない色を選ぶといいです。
パソコンやモニターで見る側が見やすい色とは
原色を避けることがポイントです。

彩度や明度が高い色(原色)は
見ずらいので落ち着いた色を選ぶようにするといいでしょう。

使う色を2つに絞る

使う色がたくさんあると、
何が重要で何が言いたいのかが、わかり図らくなってしまいます。
わかりやすくするために、
どこを一番見てもらいたいのかを考え、
その部分だけ色を変えるようにしましょう。

パワーポイントを作る際に
使う色をメインカラーアクセントカラー
2色に決めて使い分けると見やすい配色になります。

最も言いたいことを強調するために2色に決めましょう。

イメージに合った色を使う

イメージとかけ離れていると違和感があります。
イメージに合わせた色を選びましょう。

色のイメージに関する【参考記事】を載せておきます。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

NAtsukiとは

コメントを残す

*

CAPTCHA