赤が与える【3つの心理的効果】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤

あなたはが好きですか?
私は赤が一番好きな色でした。
浦和レッズのサポーターでしたし、
とにかく赤が好き!
物を買うのも赤基準で選んでいました。
昔は・・・
なんだか今は黄色が一番好きな色に変わっています。
なぜだろう・・・
色は1色ではないですからね・・・
好きな色が変わるのもおかしくないことですよね。
一生1つの色を好きでなければいけないなんてルールはないのですから!
ただ不思議に思いませんか?


『この色が好き、気になる』
そのように思った時の自分の心理って
どういう状態なんだろうと・・・

そこで!! 
大学生の時にインテリアの授業で多少 
色の心理学の勉強したよな〜と思いだし
ネットや色彩心理の本を読んで調べてみました。

赤が好きな人ってどんな人?

{情熱的、正義感が強い、リーダー気質、外交的、行動的}
ざっとこのような感じです。

私は小学校から高校生まで運動部で活発な性格
合唱祭では指揮者を 部活では副部長をしていました。

正義感が強いという面では
困っている人を見るとたちまち助けてあげたくなる性格です。
断れないという面もありますが・・・

思い立ったら即行動するタイプでした。
というより、やらないと気が済まない性格で・・・
突発的に行動してしまうこともしばしば・・・笑

どうでしょうか
多少あっているような気がします。

ちなみに、感情的、思ったまま発言する、わがまま
という面もあるようです。


周りの人と協調性を保ちたいような場所では
身につけていく赤を淡いトーンにしたり
落ち着いたトーンに変えてみると、 
何か起きた時に冷静に行動ができるそうです。

逆に赤が好きというわけではないけど

最近赤が目に付く、気になる
という人は どういう心理状態なんでしょうか。

それは
{誰かと親密になりたい、力を回復したいとき}
だそうです。
誰かと親密になりたいって・・・
素敵な感情ですね。

元気がなかったり、疲れている時などに
赤を身につけると力が湧いてきていいですね。

確かに赤のイメージとしては
エネルギーや生命力を象徴する色です。
日本の国旗、日の丸も赤いですよね!

赤色のものを身につけることに抵抗があるなら
赤色の小物などを持ったりするといいですね。
ハンカチとか赤ペン、
お守りとかならいいのではないでしょうか!!

そもそも赤にはどんな心理効果があるのかというと
大きく分けて3つ

①元気になったりやる気になるという効果
②興奮させる効果
③積極性、行動力をアピールする効果

だそうです。

特に③の積極的に行動力をアピールする効果は
相手に与える効果で
『私に注目!!』という効果があるそうです。
なので人前でプレゼンや自分が前に立つ時などに
赤いものを身につけておくと
聞く側が自分に集中してくれるという効果を発揮できますね。

どうでしたか?
赤が与える心理効果を上手に使って
快適に日々を送れたらいいですね!!!
赤を身につけて、元気に今日も頑張りたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

写真画家NAtsukiとは

コメントを残す

*

CAPTCHA