みんな私を嫌ってる・・・この感情、実は【睡眠不足が原因】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
睡眠不足

こんにちは!!
最近睡眠の質を上げるための勉強をして、毎日のパフォーマンスを上げようとしているNAtsukiです。

皆さん、
「あの人、私のこと嫌ってるのかも・・・」
「あまり嬉しそうじゃなかった・・・」
「自分だけが酷い扱いされている・・・」など思ったことありませんか?
私は少し前までよく思っていました。

実際はそんなことはないのになぜこのように感じてしまうのか
心理学の本などを読んで『周りが敵ばかりに見えてしまう心理』がどういう時に起こるのか調べてみました。

相手の表情を読み違えている

「あの人、私のこと嫌ってるのかも・・・」
「あまり嬉しそうじゃなかった・・・」
「自分だけが酷い扱いされている・・・」
などの感情は相手の表情を読み違えている可能性があります。

脳の頭皮質と前帯状皮質の働きが鈍ると、相手の表情をうまく読み取ることができなくなります。
つまり、自分に対して敵意を向けてくる人と、友好的な人の表情の区別がつけられない状態に自分がなっているということです。
これらがなぜ起こるのかというと、睡眠不足が原因ではないかと言われています。

カリフォルニア大学の研究

カリフォルニア大学では、睡眠不足とそうでない男女に様々な表情を示す画像を見せ、どのような感情を受けるかの研究がされました。
すると、睡眠不足の人は、ほとんどが友好的な表情と敵意を向けている表情の区別ができず、すべての画像に対して敵意があるという判断をしたことがわかっています。
これにより、睡眠不足はポジティブなものを取り除き、全てのものがネガティブに見えてしまうということが言えるようです。

睡眠の質を上げる

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることは皆さんもご存知かと思います。
ちょっと余談ですが「レム睡眠の時に夢を見る」ということを聞いたことがあるかもしれませんが、最近の研究ではノンレム睡眠の時にも夢を見ているということがわかっています。
睡眠の深い話はまた次回にして話を戻します。

レム睡眠状態の時に脳内でストレス系の神経伝達物質が減っていき、嫌な感情嫌な記憶が和らいでコントロールしやすくなります。
なのでレム睡眠の質を上げると、相手の表情も正しく読み取れることができるそうです。

というよりかは、睡眠の勉強中の私的にはレム睡眠、ノンレム睡眠関係なく全体の睡眠の質を上げることが大切になるので次回紹介できれば思います。
睡眠はわりかし新しい研究で、最近注目されているそうです。
私も注目しています。笑

じゃぁどうしたら睡眠の質を上げられるのかというと、それは長くなるのでまた次回書きたいと思います。
待てないという方はこちらの本を読んでみるといいと思います。
【↓Amazon↓】

とにかく『睡眠』は私たちが生活していく上でもっとも重要なものになります。脳内清掃などが行われたり、人生そのものに大きく関わってくることということをこの本で学びました。
私は今は睡眠アプリを使って自分の睡眠の質を図っています。
結構昼間の眠気がなくなりました。
これからも睡眠の質を良くして日々の健康とパフォーマンスを上げていきたいと思います!!

SNSでもご購読できます。

NAtsukiとは

コメントを残す

*

CAPTCHA