海に行きたいと感じたらイエロー信号!?【海がもたらす心理的効果】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海

こんにちは!
海なし県、埼玉に住んでいるNAtsukiです。
暑い日が続いていて、これから夏本番という感じですね。
夏バテ対策をしっかりして快適に過ごしていきましょう。

今回は海に行ってきたので、海とメンタル影響の話をしたいと思います!

なぜ「海」は癒されるのか

海に行くと開放的になったり、癒されると感じたことがあると思います。
海水浴をするだけではなく、ビーチにいて海を眺めているだけでも心が落ち着いていく感覚になります。
なぜ海に行くと癒されるのかを調べてみました。

海の色(視覚的効果)

まず海の青い色についてです。
色は人の心理に大きな影響を与えると言われています。

詳しくはこちらの記事にも書いてありますのでよご覧ください。→【青がもたらす心理的効果

青色は主に心を鎮める効果、冷静さを与える効果があります。
海の青色を眺めていると心がリフレッシュしていくということです。
海に入らなくてもただ、海を眺めているだけで視覚的に癒し効果をもたらしてくれます。

海の音(聴覚的効果)

海の押し寄せる波のリズムには「揺らぎ」があり、この揺らぎは体内リズムや体内の鼓動、呼吸のリズムに近いと言われています。
人は同じようなリズムに心地よさを感じるそうです。

海を目の前にして、目を閉じ海の音に集中してみてください。
波のリズムで心がリフレッシュしていく感覚になれると思います。
ぜひ海の音を聞きながら瞑想をしてみるといいでしょう。

太陽光

海といえば、太陽!
この太陽光にはセロトニンを分泌させる効果があります。セロトニンは聞いたことがあるかもしれませんが、『幸せホルモン』とも言われています。

また太陽光にはコルチゾールの分泌を適切に管理してくれる効果もあり、ストレス解消の役に立ちます。

曇っていて太陽全く見えない・・・残念。
その時は海の色と音に集中して癒されましょう。十分リフレッシュできます。

夏場の太陽光は注意が必要です。しっかりと熱中対策をして、直接太陽光を浴びることは避けましょう。水分補給も忘れずに!!!
熱中症になってしまったらもともこうもないので・・・

海に行きたくなるのはなぜ?
海

一説によると、「胎児回避」の影響ではないかと言われています。
胎児回避とは、母親の胎内に戻りたいという感覚です。

海に行きたいと思った時は、無意識に癒しを求めストレスを解消したいと感じているのかもしれません。迷わず海に行きストレス発散できたらと思います。
海に入らなくても、視覚的、聴覚的にすごくリラックス効果があるのでぜひ時間をとって海の見える場所まで行くことをオススメします。

無意識の中でイエロー信号を発している可能性があります。
ただ、どうしても時間がなくて行けない、遠くて行けないというなら、海の写真を見ながら波のを音を聴くことでも効果があるようです。

ちなみに、海は精神的疲労、山は身体的疲労に効果があるそうなので自分がどっちの癒しを求めているのかでいく場所を考えてみるのもいいかもしれません。

*関連記事*

SNSでもご購読できます。

NAtsukiとは

コメント

  1. さいとう ひろし より:

    正にその通り❗
    よく調べたね😃
    海は産み生み生命体の母だから…

コメントを残す

*

CAPTCHA