黄色が好きな人の【意外な一面】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黄色

昔はが好きだったのですが
ここ最近はなぜだか黄色が好きになりました。

思い返せば小さい頃は黄色が好きだったのですが・・・
好きな色が変わるといことは
心理的に何かしらの変化があるのではないか
と疑問に思ったので
本やネットで調べてみることにしました。

黄色と言ったら何を思い浮かべますか?
私はひまわりが好きでよく絵を書いているので
真っ先にひまわりが思い浮かんだのですが
他にはレモン、バナナ、ヒヨコ、光、太陽、タンポポ、信号・・・
と言ったところでしょうか

黄色のイメージと言ったら
明るい、希望、元気、輝き・・・でしょうか
わりかし「元気が出る」などの
ポジティブなイメージが多いですよね

黄色が好きな人ってどんな人?

調べてみると
{元気、楽しげ、目立ちたがり、個性的、
クリエイティブ、自分に自信がる}

と言ったポジティブな面

{神経質、誰かに構われたい、
寂しがり、子供のままでいたい}
という一面があるそうです。

確かに、私は明るい性格でいつも元気に見られています。
絵を描いているし個性的と言われることも多く
学生の頃はかなりの目立ちたがりでした。

ただ自分に自信があるかと言われると・・・

「子供のままでいたい」
ということはずっと思っています。
『私は永遠の小学生だーーー!』
と言い回っているぐらいで
よく無邪気と言われます。

「いい加減大人になってくれ〜」
という友達もいますね。笑

黄色が好きな人の意外な一面

1度考え込むとネガティブ思考に陥りがちな一面
があるそうです!
「その通り!!!」と私は思いました。
基本はポジティブなのですが何か悩みごとが発生すると、
ひたすらそればかり考えてしまいます。
マイナスな方に考えてはまた悩み・・・
悪循環の渦に飲まれていきます。

調べてみると色を使って対処するとしたら、
クリームがかった淡い黄色をみると
ポジティブ思考に戻っていく効果があるそうです。

みなさんはどうですか?
周りの黄色好きな方は当てはまっていますか?
もし悩みを抱えていそうなら
淡い黄色を見せてあげるといいかもしれません。

黄色ってどんな心理的効果があるの?

ポジティブ面
{希望、幸福、積極的、前向き、若々しい}があります。

快活さや人目をひくということもあり
フレンドリーさをアピールできたり
注目してほしい場面で黄色を使うといいそうです。

だだし、過度に使うと相手に悪感情を持たれる可能性もあるので
そこは気をつけたいところです。

黄色は単色でかなり目立つ色なので
着こなしが難しいと言われています。
さりげなくワンポイントで使うのが良さそうです。

ネガティブ面では
{危険、注意}という心理効果もあります。
踏切や工事現場などで使われています。
黄色と黒の組み合わせは
最も遠くから認識できるという心理効果がります。
「危険!!立ち入り禁止!!!」
なんていう看板を見かけたことありますよね!!

また黄色には空間を明るくさせるという効果があり
真っ白な壁紙を明るい黄色にすると
部屋が明るく見えるという効果もあるそうです。

冷静に考えてみれば確かに明るくなりそうです。
ただ部屋の壁中を黄色にするのは抵抗が・・・

そのような時はインテリアとして
黄色いものを置くといいかもしれません。
交感神経や副交感神経に作用して
気分が明るくなったりやる気が出てくると言った
心理的効果
があるそうです。

やる気を出したい場所、仕事場などに
インテリアとして黄色いものを置いくと
やる気が出るので試してみてはいかがでしょうか。

PS.
黄色のひまわりと言ったらゴッホ!!
ゴッホは黄色を好んで積極的に使っていた画家です。
クロムイエローの絵の具の最も初期の愛用者と言われています。
私もひまわりが好きでよく描いているので、
いつか「Natsukiのひまわり」と言われたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

NAtsukiとは

コメントを残す

*

CAPTCHA